小学生ロボコン2021-22 京都府予選会 in 京都スマートシティエキスポ

予選会申込みはこちら バナー
鳥 イラスト

※参加対象者:京都府在学または在住の方に限ります。

  • 最新情報

2021.10.13
小学生ロボコンの競技ルールをよく読んでロボット製作を進めてください。申込み受付は11月1日から https://official-robocon.com/shougakusei/ サイトにて開始します。皆さまの応募をお待ちしています。
2021.10.07
小学生ロボコン京都府予選会のサイトをオープンしました。
  • 小学生ロボコン2021-22京都府予選会
    in 京都スマートシティエキスポ
    出場までの流れ

  • step 1ロボット製作
  • step 2動画を撮影
    • 競技ルールに沿ってロボットを動かして、次の2点が含まれる動画を撮ろう!
    申込みに必要な動画は?
    • ①30秒程度のプレゼン動画(ロボット製作のがんばった部分や見てほしいところ)
    • ②実際に競技にチャレンジした映像(2分以内)
  • step 3参加申込み先&ビデオ審査
    • エントリーフォームから応募しよう!(11月1日から申込み開始)
    • 応募した動画で審査してもらおう!
    審査の基準は?
    • 制限時間内に競技がクリアできるポテンシャルがあるかどうか
    • 京都府予選会に出場したときに魅力的なロボットかどうか
    • レギュレーション違反がないかどうか

小学生ロボコン京都府予選会
in 京都スマートシティエキスポ

出場者決定!

  • 小学生ロボコンとは

塔 イラスト
  • NHKの高専ロボコン、学生ロボコン、ABUロボコンに続く第4のロボコンとして2019年にスタートした小学生なら誰でも参加できるロボコンです。「自分の頭で考えて、試行錯誤を重ねながら、自分のアイデアを形にする面白さ」を体験したり、時にはライバルのアイデアに刺激され発想をグーンと伸ばしたりします。さまざまな予選会を突破した24人が3月に東京で行われる全国大会に進出、小学生日本一のロボコニストが誕生します。

  • 「小学生ロボコン2021-22」
    スケジュール

塔 イラスト
  • 2
    0
    2
    1
    11月1日(月) 「小学生ロボコン2021-22京都府予選会」
    出場選考ビデオ審査、受付開始
    11月14日(日) 申込締切
    11月17日(日) ビデオ審査結果送付
    12月5日(日) 「小学生ロボコン2021-22京都府予選会」開催
    12月25日(土) 全国共通予選 操縦ロボット競技会
    2
    0
    2
    2
    1月15日(土) 「全国共通予選 プログラミングロボット競技会」開催
    全国大会本線出場者24人決定
    1月16日(日) 全国大会ルール発表 ~ロボ作りキットを発送~
    ご家庭でロボ作り
    3月6日(日)
    (予定)
    全国大会開催(池袋サンシャインシティ)
  • 京都府予選会場

塔 イラスト
女の子 イラスト
  • 小学生ロボコン2021-22京都府予選会
    in 京都スマートシティエキスポ
    操縦ロボット予選会ルール

  • 1分の制限時間内でより多くの的を倒して、
    点数を競う得点制。
    すべての的を倒した場合、
    すべての的を倒すまでの時間を競います。

    • スタートゾーンからロボットを操縦して、3つの台の上に置かれた的(希少資源)を倒す競技。

      的はそれぞれの台上であれば配置は自由。ただし、的同士は触れ合わないものとします。

    • 《フィールドについて》

      自宅に図面の通りにフィールド上に スタートライン台❶台❷台❸を設けます。フィールド、台の素材は自由だが、すべて水平で平らな面にしてください。(本やダンボールなどでも可。)台を含むフィールドに支柱を立てたり、坂や段差をつくるなどの工夫は認められません。それぞれのエリアで囲われた縦70cm以上×横70cm以上のスペースを設けてください。

      スタートライン:
      ロボット全体がスタートラインの手前に収まった状態からスタートすること。

      台❶:高さ5〜10cmの台。食器用洗剤の的を配置すること。
      台❷:高さ20〜30cmの台。スポンジの的を配置すること。
      台❸:スポンジの的を配置すること。

      ※それぞれの台の奥行きは20cm以上で、横幅は自由に設定してもOKです。台の横幅が70cmを超えても構いません。

    • 『フィールドを上から見た図』

      フィールドを上から見た図
    • 《的について》

      食器用洗剤…競技部門では 各5点

      • 台①に3つ配置。
      • 内容量240mL以上の市販品であればボトルの形状は問いません。
      • 倒れても中身が飛び出すことがないよう、未開封・未使用のものを使用してください。
      • 大会出場時はラベルを剥がす、商品名をテープで覆うなどして隠してください。

      スポンジ…競技部門では 各1点

      • 台②、③に部門ごとに指定された数を配置してください。
        (競技部門それぞれ5つ、アイデア部門それぞれ5つ)
      • たて9~11cm×横6~8cm×厚み3cmのキッチンスポンジを使用してください。
      • スポンジに手を加えることは認められません。
    • 『台の高さ図』

    • 『フィールドを上から見た図』

    • 『台の高さ図』

    • 《ロボットについて》

      今回みなさんがつくるのは「決められた材料を使って課題をクリアするロボット」です。サイズはスタート時は縦、横それぞれ70cm以内。高さは自由。スタート後の展開は縦、横、高さそれぞれ自由。以下の①②いずれかの方法で材料を入手し、オリジナルロボットを作ってください!

      入手方法①

      基本パーツが揃っている「小学生ロボコンスターターキット」(販売:ユカイ工学株式会社)を購入していただきます。

      ※内容物:
      ばんのうジョイント(4個)、「ユカイなぼうけんクラフトキット」、プラ段ボール(6枚)、結束バンド、両面テープ、スポンジ(7個)
      入手方法②

      自分で規定のモーター2個(tt モーター ギア比1:48)を購入していただきます。

      ※インターネットで「tt モーター」と検索すると販売サイトが出てきます。
      いずれの場合でも、以下の材料は自由に使っても構いません。

      • ・段ボール
      • ・プラスチックダンボール
      • ・スタイロフォーム
      • ・発泡スチロール
      • ・画用紙などの紙類
      • ・輪ゴム類
      • ・結束バンド
      • ・竹串、竹ひご、つまようじ
      • ・割り箸などの木材
      • ・ひも類
      • ・接着剤
      • ・紙ストロー
      • ・両面テープ、ビニールテープ、ガムテープ、養生テープなどのテープ類
      • ・コード
      • ・電池ケース
      • ・単3形電池(2本まで)
      • ・スイッチ
      • ・キャスター
      • ・目のシール
      • ・有線コントローラー(「ユカイな生きものロボットキット」「ユカイなぼうけんクラフトキット」に入っているものは使用OK)
      • ・小学生ロボコン公式拡張パーツ「ばんのうジョイント」(販売:ユカイ工学株式会社)
      その他規定
      • 1人につき1台のロボットで参加してください。
      • ロボットの動力となる電池は単3形乾電池を2個まで使用できます。※二次電池(充電池)は使用できません。
      • モーターの軸に直接とりつけていいのは紙ストロー、結束バンド、「ばんのうジョイント」(公式拡張パーツ)のみです。

      最新ルールブックは
      こちら

    ※京都府予選会は、コロナの状況に応じて
    オンライン開催になる場合がございます。